自分を変えたきゃ本を読め!

毎日1冊本を紹介しています。週末はおすすめのビジネス動画も紹介しています。

【努力ができないあなたに】本当の努力とは

ãéé·ãªå´åç°å¢ã«èãããããä»äºãããã¦å®å®¶ã«å¸°ããããªã»ã»ã»ãã¨èããä½æ¥­å¡éé·ãªå´åç°å¢ã«èãããããä»äºãããã¦å®å®¶ã«å¸°ããããªã»ã»ã»ãã¨èããä½æ¥­å¡ãï¼»ã¢ãã«ï¼OZPAï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

はじめに

本当の努力とは何でしょうか?

よく「努力したけどダメだった」という声を聞きます。

一方で「努力したから成功した」という人もいます。

この2つの違いは,どこから生まれるのでしょうか?

努力して成功する人と努力しても成功しない人の違いは何なのでしょうか?

その違いがよくわかるのが,見城徹氏と藤田晋氏の共著である「憂鬱でなければ仕事じゃない」という本です。

今回は,この「憂鬱でなければ仕事じゃない」から学んだことをお話します。

 

努力とは

この本の中で見城氏は「圧倒的努力とは,人より寝ないで,人より休まないことだ」と述べています。

努力の基準として非常にわかりやすく,明確であると思います。

自分がやっている努力よりも,寝ないでやっている人がいたり,自分が休んでいる間に頑張っている人がいたりするレベルであったら努力とは言えないということです。

言ってしまえば,努力しても成功しない人は,努力が足りないだけということです。

もちろん,その努力の方向が間違っていたら,正しい成果は得られないでしょう。

しかし,圧倒的努力を続けていれば,必ず正しい道に近づけるはずです。

努力して成功する人と努力しても成功しない人の違いは,たったひとつです。

圧倒的努力を成功するまで続けることができるかどうかです。

見城氏はこの他にも「自分を追い込むことの大切さ」や「無理や不可能と言われることに取り組むことの意義」についても述べています。

自分を限界まで追い込むことで得られるものが多くあるということがわかります。

 

小さなことが大きな成果を生む

見城氏は「あらゆる人間関係は信頼で成り立っている。守られなかった約束とは,ただの嘘である。」と述べています。

これは正にその通りだとみなさんも思うでしょう。

しかし,多くの人は,守れない約束や守る気のない約束をしているのではないでしょうか。

「今度ご飯でも一緒に行きましょう」

「今度ゆっくり飲みに行きましょう」

など気軽に言っていませんか?

これだって立派な約束なのです。

社交辞令として,締めの言葉のように気軽に口にする人が多くいます。

ですから,それを聞いても多くの人は気にも留めないでしょう。

しかし,人間関係において常に本気の人からすると,その約束が守られないことは非常に不快なものです。

さらに言えば,「この人は守る気のない約束を平気で口にする人なんだな」と捉えられ,信頼関係を崩すことになるかもしれません。

裏を返せば,この多くの人が守らないであろう口約束「今度飯でも」をきちんと守るだけで,他の人よりも評価は高くなるということです。

ちょっとしたことかもしれませんが,これらの事を意識すると,普段から自分の言葉に責任を持とうとする気持ちも生まれます。

多くの人がないがしろにしている「ちょっとしたこと」に目を向けると,頭一つ抜きん出た存在になれるのでしょう。

 

無謀に挑戦する

成功者と呼ばれる人たちは多くの無謀に挑戦しています。

見城氏であれば「幻冬舎」の設立。

藤田氏であれば20代での上場。

多くの人が無理だと思うことや,誰もやっていなかったことに挑戦するので「無謀」と言われるのです。

しかし,実はこれは周りから見ると無謀に見えるだけで,本人たちは勝算をもって臨んでいるのです。

この本の中で「本当に無謀をする奴は,馬鹿である。無謀は演出するものだ。」とあります。

結果から逆算し,どうすれば成功するのかを十分に考えた上で,あたかも無謀なことに挑戦するかのように見せているのです。

そして,鮮やかに成功させて見せることで,さらに自分をもう一段階上に引き上げているのです。

一方で,この姿を見て,ただ無謀なことに挑戦してしまうが失敗する人です。

何も考えず,何の策略も持たずにやっても上手くいくわけがないのです。

成功する人は,その背景がしっかりあるのです。

 

おわりに

この本は「仕事」について改めて考えさせられる本です。

2人の経営者の考えや思い,苦悩が凝縮されています。

成功者と呼ばれる陰で,どのような努力があったのかがよくわかります。

ビジネスに従事している人たちには,ぜひ一度は読んでもらいたい名著です。

 

今回紹介した本はこちら