自分を変えたきゃ本を読め!

毎日1冊本を紹介しています。週末はおすすめのビジネス動画も紹介しています。

【大人の育て方】大人が変われば子どもも変わる【武井壮】

f:id:Yamamuka:20181116044611p:plain

 

はじめに

私たち大人は子どもにどんな姿を見せているでしょうか?

子どもたちが大人を見て,「早く大人になりたい!」「早く働きたい!」と思えるような 世の中を作れているでしょうか?

子どもたちは自分のやりたいことを思い切り楽しみ,大人はやりたくないことを嫌々やっている,そんな世界にしていないでしょうか。

今回は,大人としての責任について紹介します。

 

子どもは大人の姿を見て

子どもは大人の姿をよく見ています。

将来のイメージをもつときは,身近な大人をイメージして考え,自分はどうなりたいかを考えているのです。

例えば,自分の親がいつも「働きたくない」と言っていれば,「大人はみんな働きたくない」ものなんだと思いますし,いつも人の悪口ばかり言っていれば,「大人は人の悪口を言う」ものなんだと思うのです。

また,親が「行きたくない」と言っているような仕事に就きたいとも思いません。

子どもが持つイメージはほとんどが周囲の大人が作り上げているものなのです。

 

成長し続けることで

では,そのことを踏まえた時に,私たち大人はどんな姿を子どもに見せなければならないのでしょうか。

完璧な人間なんていませんから,全てを子どものお手本として行動することはできません。

私たち大人が見せなければならない姿は,学び続ける姿です。

大人であっても,日々学び,成長し続け,自分の夢を叶えるという姿を見せていれば,子どもは,いつまででも夢を叶えることはできるのだと思うのです。

そうすれば,子どものうちに遊んでおこうとか,大人にはなりたくないとか,そういった考えはなくなるのです。

早く大人になって自分の夢を叶えたいとか,早く大人になって自分の好きなことを勉強したいとか思うようになるのです。

また,大人であっても学び続け,挑戦する姿を見せていれば,一度や二度失敗したくらいで,立ち上がることができないような子どもはいなくなるのです。

大人が学び続ける姿を見せるだけで,子どもたちは,自分の夢に向かって一生懸命努力するようになるのです。

 

大人が変われば

大人がもっと楽しく働いていれば,子どもたちは「早く働きたい」と思います。

「働きたくない」と思っている子どもが多いのは,私たち大人の責任なのです。

小学生に人気の職業「YouTuber」

なぜ,この職業が人気なのでしょうか?

それはYouTuberがとにかく楽しそうに動画を撮影しているからです。

YouTuber本人たちが何よりも楽しんでいるように見えるからです。

だから,子どもたちは「あんな大人になりたい」と思うのです。

最近では減ってきましたが,YouTuberのことを軽んじている大人がちらほらと見られます。

「社会に何の貢献もしていない」とか「彼らは何も生み出していない」とか,もっともらしいことを言って,彼らを否定します。

しかし,YouTuberほど子どもたちに夢を与えている仕事はありません。

「あんな風になりたい!」と思わせることができている大人が周囲にどれほどいるでしょうか。

もし,自分の仕事の方がYouTuberよりも価値があるものだと思うのならば,そういった姿を子どもに見せればよいのです。

その仕事を心から楽しみ,その仕事のために様々な勉強をして努力を重ねる姿を見せればよいのです。

見せるべきなのは苦労している姿ではありません。

楽しんでいる姿なのです。

大人が仕事を楽しむことができれば,子どもはその仕事は楽しいものなのだと思います。

大人が学び続ければ,子どもは大人になっても,勉強はし続けるものなのだと思います。

大人が変われば,子どもも変わるのです。

 

終わりに

よく「未来は子どもたちがつくる」という言葉を耳にします。

それは,その通りです。

未来とは,今の子どもたちが,大人になったときの世界のことを指すのですから。

では,その子どもの心はどのように形成されていくのでしょうか。

それは,その時の大人の姿が影響を与えるのです。

つまり,言い換えれば「今の大人の姿が,未来をつくる」のです。

未来を子どもに託すのではなく,大人としての責任を果たして,バトンをつないでいけるとよいのではないでしょうか。

今回参考にした動画「武井壮の『大人の育て方』」は,多くの人にぜひ見てもらいたい動画です。

彼のスポーツに対する考え方や,大人としての生き方とはどうあるべきなのかという意見が凝縮されている動画です。 

この動画を見れば,今までなんとなく見ていた出来事に対する視点が変わったり,新しい気付きが生まれたりすると思います。

30分程度の短い動画ですので,ぜひご覧ください。

 

今回参考にした動画