自分を変えたきゃ本を読め!

毎日1冊本を紹介しています。週末はおすすめのビジネス動画も紹介しています。

【やる気が出ない時】5秒の法則でやる気を引き起こす

ãéææ¥17æéææ¥17æãï¼»ã¢ãã«ï¼å¤æ§ã®ã£ã¡ï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

はじめに

やるべきことはわかっているのに行動に移せない。

明日までに終わらせなければならない仕事があるのに手につかない。

食器を洗わなければならないのに,どんどん溜まってしまう。

これらのように,やらなければならないことはわかっているのに,なかなかやる気が出ないということは,誰でも経験したことがあると思います。

もし,そんな時に,すぐにやる気が出て,行動できたとしたらどうでしょうか。

時間をもっと有意義に使えるような気がしませんか?

そこで今回は,なかなかやる気が出ない時に,どうしたらやる気が出てくるのかを紹介します。

 

 

5秒の法則

やる気を出すためには,行動に移すことが大切です。

しかし,そのことがわかっていてもなかなか行動に移せないという人が多いのではないでしょうか。

実は,その行動に移すまでの時間にポイントがあるのです。

ポイントは,やらなければならないことが思い浮かんだ時に,5秒以内に行動することです。

これにはちゃんとした理由があります。

それは,5秒以上経ってしまうと,脳が勝手にやらなくても良い理由を探し始めてしまうためです。

人間にも他の動物と同じように防衛本能があります。

今までと違う環境に行ったり,今までと違うことをしたりすることを嫌がってしまうのです。

頭のどこかで,散らかしたらそのままにしておきたいと思っていますし,その場所でじっとしていたいと思っているのです。

ですから,行動に移さなければ,どんどんやらなくても良い理由を考え出し,ますます行動したくなくなってくるのです。

これを防ぐためにも5秒以内に行動に移しましょう。

頭の中で「5・4・3・2・1・Go!」とカウントダウンするのです。

一度動き出してしまえば,後はなんとかなります。

 

最初が肝心

何事も最初に動き出す時に最もエネルギーを使うものです。

思いついた時に,行動に移す最初の5秒間は辛いかもしれません。

しかし,いざ行動に移してしまえば,やりたくないと思っていた時よりは,気持ちが楽になります。

これは,やる気以外のことで考えてみるとわかりやすいです。

例えば,火をつける時です。

これは,最初に点火する時に一番エネルギーを使用します。

一度点火してしまえば,燃やし続けるのには,そこまでエネルギーを消費しません。

スペースシャトルを飛ばす時もそうです。

地球から宇宙に飛び出るまでに最もエネルギーを使用します。

宇宙に飛び出てしまった後は,大きな燃料は必要としません。

こういった原理が人にも同じように働いているのです。

 

もし5秒で動き出さなかったら・・・と考える

行動に移してさえしまえば,辛いのはその5秒間だけです。

もし,動き出さなかったらどうでしょうか。

やらなければならないという思いだけが残ります。

結果的に何分も何時間も辛い思いをすることになるのです。

「やらなければならないこと」が心に引っかかっていると,楽しみたいことも心から楽しむことはできません。

「掃除をしなければならない」と思いながらテレビを見ているのと,掃除を終わらせてしまってから,ゆっくりテレビを見るのとでは,心の穏やかさ・気持ちよさが全く違ってくるのです。

どうせ同じことをするのであれば,心から楽しめる方が得です。

そのためには,やらなければならないことに対して5秒間で行動に移し,処理してしまうことが大切なのです。

 

終わりに

自転車の漕ぎ出しでも,車にエンジンをかける時でも,最初に最もエネルギーを消費します。

その最初が大切なのです。

そこでエネルギーを使わなければ前へ前へと進んでいくことはできません。

自分の中でエネルギーを使うのは5秒間と決めてしまいましょう。

やらなければならないことが思い浮かんだ時に「5・4・3・2・1・Go!」で行動に移すことを習慣にしましょう。

そうすれば,今までは「やらなければならないこと」について考えていた無駄な時間がなくなり,もっと有意義に生活することができるようになります。

自分を変えたい,もっと行動的になりたい,もっとやる気を引き起こしたいという人は,今回紹介した5秒の法則に,ぜひ実際に取り組んでみてください。

 

今回参考にした動画