自分を変えたきゃ本を読め!

毎日1冊本を紹介しています。週末はおすすめのビジネス動画も紹介しています。

【ストレスをなくしたいあなたに】イライラや不安を消す方法5選!

f:id:Yamamuka:20181112170033p:plain

 

はじめに

生活していく上で切っても切れないもの,それがストレスです。

ストレスのないように生活しようと意識しすぎると,それがストレスになってしまいますし,かといって何も考えずに生活していると多くのストレスに悩まされることになります。

そこで,今回はストレスを少しでも軽減するために,イライラや不安を消すためにはどうしたらよいのかを紹介します。

 

 

運動する

手っ取り早くイライラやストレスを解消する方法は運動することです。

普段,あまり運動していない人は,返ってストレスが溜まると思うようですが,そんなことはありません。

たとえ運動していなくても,ちょっと外に出て,外の空気を吸いながら歩くと気持ちが落ち着いてくるものです。

そもそも,脳内のセロトニンが不足すると,うつ状態になりやすいそうです。

そのセロトニンは,適度な運動や日光浴によってつくられます。

ですから,運動の好き嫌いに関わらず,運動が効果的なのです。

まずは,5分からでも始めてみてください。

朝の澄んだ空気を味わいながら歩くのもよいものですよ。

 

逆を考える

自分のストレスの原因となっているものの逆を考えてみましょう。

「会社に行きたくない」のであれば「どうしたら会社に行きたくなるのか」を考えるのです。

「苦手な人がいる」のであれば「どうしたら上手く関われるのか」を考えるのです。

嫌なことやダメなことを考えていると気持ちもどんどん暗くなっていきます。

結果的に自らストレスを発生させてしまっているのです。

考えるのであれば前向きに「どうしたらよくなるのか」を考えましょう。

 

瞑想する

最近の心理学の研究によると,1日にたった5分や10分の瞑想でも,十分に効果があることがわかっているそうです。

瞑想の累計時間が3時間を超えたあたりから,自己をコントロールする能力が身に付いてくるというのです。

また,瞑想中の「何も考えない時間」というのが現代社会においてはとても大切なのだと思います。

現代社会は情報にあふれ,目に付くもの全てから情報が発信されています。

また,ほとんど全員がスマホを所持していて,少しでも時間があればチェックをしています。

普通に生活しているだけでは「何も考えない時間」がほとんどないのです。

そのため,じわじわと脳のエネルギーが消費され,自分のメンタルをコントロールし難くなってしまうのです。

瞑想は簡単です。

座る場所はどこでも構いません。

床でも,椅子でも良いです。

少し姿勢を良くして,呼吸にだけ集中します。

これを5分間行うだけです。

やってみるとわかりますが,初めは5分間がとても長く感じるはずです。

生活の中にゆったりとした何も考えない時間を入れることで,精神的にも余裕が生まれます。

 

あえてニュースを見ない

世の中に流れているニュースのほとんどが悪い報せです。

「殺人事件」「事故」「詐欺」「汚職

見ているだけで暗くなってきます。

しかしながら本当にそこまで悪い世の中なのでしょうか?

電車に乗っていれば,席を譲ってあげている若者を見かけます。

小学校のグラウンドでは,一生懸命野球やサッカーの練習をしている子ども達がいます。

暑い中,寒い中,一生懸命働いている人達がたくさんいます。

当たり前の日常の中に,光輝いている姿だってたくさんあるのです。

気持ちが暗くなってきている時は,あえてニュースを見ないようにして,悪い情報をシャットダウンしましょう。

悪いニュースや暗いニュースを見ていると,無意識のうちに気持ちも暗くなってしまいます。

それよりも,身の回りの小さな幸せを探しましょう。

すると少しずつ気持ちが明るくなってくるはずです。

 

鏡を使う

毎日,無理にでも笑顔になっていると,本当に幸せになれることが,イギリスの心理学者によって明らかになっているそうです。

これは,人間の脳は「行動」と「気持ち」が一致しないと不快になり,無意識に「行動」か「気持ち」のどちらかを変えて不一致を解消しようとするためです。

毎日,鏡の前で笑顔を20秒間作りましょう。

それだけで気持ちが少し明るくなってきます。

おすすめなのは,歯磨きをする時に笑顔で歯を磨くことです。

ほとんどの人が毎朝,毎晩,歯を磨く習慣をもっているはずです。

それに「笑顔で」を付け足すだけですから,誰でもすぐに習慣にできます。

早速今日から笑顔歯磨きに挑戦してみてください。 

 

終わりに

SNSなどもひとつ間違えるとストレスの原因になります。

本来は便利だったり,楽しんだりするためのものなのに,使い方を一歩間違えるとそれがストレスにつながってしまうというものも多くあります。

物や情報があふれている現代だからこそ,自分の心を上手く調整し,ストレスなく生活していきたいものです。 

 

 今回参考にした本