自分を変える。働き方を変える。

自分を変えるのも働き方を変えるのも,法則がわかればかんたんです。当ブログでは,様々な法則を紹介します。

仕事が楽しくなる法則~仕事に◯◯◯◯をもつ~

ããã©ã¤ããã­ã³ã§åã潤ãä¹¾ç¥ãæ°ã«ãªãç·æ§ãã©ã¤ããã­ã³ã§åã潤ãä¹¾ç¥ãæ°ã«ãªãç·æ§ãï¼»ã¢ãã«ï¼å¤§å·ç«å¼¥ï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

 

はじめに

みなさん仕事を楽しんでいますか?

自分で選んで就職した方々は,全ての仕事がつまらないということはないはずです。

もし,やることなすことつまらないというのならば転職をおすすめします。

自分にとって楽しい仕事とつまらない仕事の違いは何なのか。

これがわかっていれば,どんな仕事も楽しくすることができるのです。

今回は,仕事を楽しくする方法について紹介します。

 

つまらないと感じる仕事も

仕事をしている以上,つまらないと感じる仕事に当たることもあるのではないでしょうか。

堀江氏の著「多動力」には「わくわくしない仕事はしない」ともありますが,仕事上の立場や予算の都合もあって,なかなかそうはいかない現状もあると思います。

それならば,「わくわくしない仕事」を少しでも「わくわくする仕事」に変えればよいのです。

この「わくわくしない仕事」を「わくわくする仕事」に変える方法はかんたんです。

その仕事に自分なりのこだわりをもてば良いのです。

やらされていると感じる仕事は楽しくありません。

自分でやりたいと思った仕事が楽しく感じるのです。

やりたいという気持ちをもつためにはこだわりが大切なのです。

こだわりをもてば,その仕事に対する責任感も増します。

こだわりをもつことで「やらされている仕事」が「やりたい仕事」に変わるのです。

その職業に就いて,それに関わる仕事をしている以上,その職のプロということです。

プロならば自分の仕事にはこだわりをもちましょう。

 

楽しくする方法の例

こだわりのもち方は様々あります。

1つは時間にこだわることです。

「この仕事は30分以内に終わらせる」とか「必ず締め切りの1週間前には提出する」とかタイムアタック的に仕事に取り組むのです。

今までなんとなくやっていた仕事に対し,時間の意識をもつことで,やる気が向上するというものです。

2つはオリジナリティにこだわることです。

依頼されたことをそのままこなすということが,苦痛な人は,そこにオリジナリティを加えるようにすれば良いのです。

もっと良くするためにはどうしたら良いのかを考え,アイディアを生み,それを反映させていけば,自分のこだわりがつまった仕事が完成します。

そうすれば,それはもう「やらされている仕事」ではなくなります。

3つはクオリティにこだわることです。

今までこだわっていなかったちょっとした部分をパワーアップさせて,仕事のクオリティを上げるというものです。

例えば何かの資料作りにしても,どんなフォントをどんな大きさにしたら,相手が見やすいのかを考えてこだわってみたり,パワーポイントでいつもは使わないような機能を使ってみたりするのです。

ちょっとクオリティを上げようとすると,自分のレベルも高まりますし,仕事に対する意欲も高まります。

上記のもの以外にもありますが,これらのように自分の中でこだわりをもてば,仕事に対する気持ちのあり方も変わってくるはずです。

 

終わりに

どんな仕事であっても,そこに自分のこだわりがあれば楽しくなります。

一方でこだわりをもって仕事をしていると,それを否定された時のダメージも大きくなります。

しかし,それを怖がって,ただ言われたことをこなしていては,仕事は面白くもなんともないのではないでしょうか。

こだわりをもって仕事をして,何度もぶつかって修正し,自分も周りも納得のいく仕事ができた時,仕事が楽しい感じるのだと思います。

こだわりはどんな形でも構いません。

こだわりをもち,プロ意識をもって仕事に取り組めば,そこに必ず楽しさを見出すことができるはずです。