自分を変える。働き方を変える。

自分を変えるのも働き方を変えるのも,法則がわかればかんたんです。当ブログでは,様々な法則を紹介します。

月曜日を乗り切る!仕事が楽しくなる法則!

ãããå«ã§å¸°ãããã¨ã³ã¸ãã¢ããå«ã§å¸°ãããã¨ã³ã¸ãã¢ãï¼»ã¢ãã«ï¼Tsuyoshi.ï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

 

はじめに

日曜日の夕方くらいから「明日は月曜日か・・・」と暗い気持ちになっていませんか?

その気持ちが暗くなる時間帯から「サザエさん症候群」などと言われているようです。

しかし,ほとんどの人が一週間のうち,働いたり,学校に通ったりしている時間の方が多いはずです。

それなのに,「行きたくない」「つらい」と思っているのであれば,一週間の中でそういった暗い気持ちの時間の方が多いということになってしまいます。

限られた人生の中で,暗い気持ちの方が多い人生なんて嫌じゃありませんか?

そこで今回はつい気持ちが暗くなってしまう月曜日を乗り越え,仕事や学校が楽しくなる方法について紹介します。

 

原因は・・・ない!

結論から言ってしまえば,仕事や学校を楽しくするためには,楽しくする方法を自分で考えるしかありません。

ポイントは楽しくする方法を考えることです。

なぜ楽しくないのか,つらいのかという視点で考えてはいけません。

これは,楽しくない理由はいくらでも挙げることができるからです。

例えば朝です。

「決められた時間に起きたくない」

「もっと寝ていたい」

「学校や職場まで行くのが面倒」

「外は寒かったり暑かったりして嫌だ」などなど

楽しくないことを挙げればきりがありません。

これは朝以外でも同じです。

学校や職場での楽しくない理由はいくらでも作り上げることができるのです。

ですから大切なのは「どうしたら楽しくなるのか」を自分で考えることなのです。

この「楽しい」という観点は人によっても大きく異なってきます。

勉強や仕事の成績にこだわり,人よりも良い結果を残すことに楽しさを見出す人もいれば,学校の友人や職場の同僚など,人との関わりに楽しさを見出す人もいるでしょう。

人それぞれ楽しさを見出す観点が違うのですから,万人が仕事が楽しくなる方法はないのです。

 

どうしても無理な場合

どうしても楽しくする方法を見い出せない場合は,その場から離れてしまいましょう。

学校ならば転校や退学を考えたり,仕事ならば転職や異動を考えたりすればよいのです。

無理に嫌な思いをしてまで,そこに留まる必要はありません。

一番駄目なのが,自分は変わろうとせずに,その環境を否定し続けることです。

「学校がつまらない」

「仕事が楽しくない」

そういったネガティブなオーラを出して行動されることが周りにとって非常に悪影響なのです。

同じ学校でも楽しんでいる人はたくさんいます。

同じ仕事でもやりがいを感じている人はたくさんいます。

そういった意欲がある人達の気持ちを下げることは,学校や会社にとって迷惑な話でしかないのです。

無理をする必要はありません。

自分が楽しめる場所を自分で見つけましょう。

 

今後の世界は

これからの世界は,自分が楽しめることを仕事にする必要が出てくる可能性があります。

というのも,仕事をしたくない人は仕事をしなくても問題ない世界になる可能性があるからです。

理由は2つあります。

1つはAIの進化です。

今まで人が行っていた仕事をどんどんAIが取って代わっています。

このままAIが進化していけば,人の仕事はどんどんなくなっていくでしょう。

タクシーも運転が完全自動化すれば運転手は必要なくなります。

コンビニやスーパーもAIが発達すれば無人化も可能です。

人がやりたくない仕事はどんどんAIがやるようになります。

2つは生産性の向上です。

機械の発達,情報機器の進化によって生産性が飛躍的に向上してきています。

農業で考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

一昔前は何十人もの作業者がいてなんとかできていた作業を今では1人か2人もいれば十分にできるようになっています。

また,情報機器が発達したことによって,多くの情報を多くの人に瞬時に届けられるようになりました。

何か1つ良い情報が世間に出回れば,それを活用してさらに良いものが作り上げられるようになっています。

今までは多くの人に情報を直接伝えることで,その人達にさらに情報を広げてもらったり,新しく考えてもらったりしていました。

それが,そんな手間をかけずに,一気に多くの人に情報を広めることができるようになったのです。

塾などでもインターネットを活用して,授業を生で配信しているところもあるようです。

今までは授業が上手い人が誰かにそのコツを伝え,その誰かが授業をする必要がありました。

もうそんな必要はなくなったのです。

これらのことから,今後世界には必要な仕事が減ることがわかります。

必要とされる仕事が減る以上,仕事をするのであれば,やりたいことを仕事にする以外なくなってくるのです。

 

終わりに

学校や職場を「楽しい」と思うか「つまらない」と思うか,それはあなた自身が決めることです。

昔ある映画を見たときに「学校がつまらないんじゃない。お前がつまらないんだ。」といった台詞があったことだけ印象に残っています。

つまらないことを楽しくできる人になったらどれだけ素敵なことでしょうか。

「つまらない」と愚痴をこぼしている人と,どうしたら楽しくなるかを考え,いつも楽しそうにしている人と,どちらと一緒にいたいと思うのかは明白です。

楽しくするためにはどうしたらよいのかを考えること,どうしても思いつかない場合は逃げること,この2つのことを考え,仕事や学校を楽しいものにしてください。