自分を変える。働き方を変える。

自分を変えるのも働き方を変えるのも,法則がわかればかんたんです。当ブログでは,様々な法則を紹介します。

それNGです!飲み会ではこの3つの話題に気をつけよう!

ã飲ã¿æ­©ãã¦3è»ç®ãéãããã¼ã¯ããããã女æ§é£²ã¿æ­©ãã¦3è»ç®ãéãããã¼ã¯ããããã女æ§ãï¼»ã¢ãã«ï¼ã·ããï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

 

 はじめに

お酒の席というのは,普段はなかなか話せない相手ともじっくり話すことができたり,お酒が入って,いつもは話しにくいことも話せたりするよい機会です。

しかし,お酒にかこつけて何でも話しても良いというわけではありません。

お酒が入っていようと自分の意思をしっかりとコントロールできる人が信頼される人となるのです。

今回はお酒の席で気をつけたい話題について紹介します。

 

上司・部下・同僚の悪口

お酒の席でついつい言ってしまうのが人の悪口ではないでしょうか。

お酒も入って気が大きくなっているのか,いつもは言えないようなことも平気で言ってしまうようです。

特に直接不満を言いづらい上司の悪口を言っている人をよく見かけます。

上司に限らずとも,人の悪口を言うことで日頃の恨みを果たしたり,ストレスを発散しているのでしょう。

 しかし,気をつけたいのは,どこで誰が聞いて本人にどんな風に伝わるかわからないということです。

人に話している以上,その悪口が本人に伝わる可能性は大いにあります。

さらに悪口というのは伝わる時に尾ひれがついて伝わるものです。

ちょっとした出来心で言ってしまった悪口が,その後その人との関係を取り返しのつかないものにしてしまう可能性もあるのです。

本来,人との関係を強固にするために行うはずのお酒の席で,関係が悪くなってしまっては台無しです。

 

仕事の愚痴

人の悪口に近いものですが,仕事の愚痴もお酒の席ではNGです。

おそらく,自分の辛さや大変さをわかってもらいたいという思いから言ってしまうのだと思います。

しかし,人の愚痴を聞いても誰も楽しくありません。

また,愚痴の内容によっては,自分が仕事ができないということをただ周りにアピールしている可能性すらあります。

お酒が入って,つい誰かに愚痴をこぼしたくなる気持ちはわかります。

だから誰も人の愚痴を聞いていても文句を言わないのです。

実際,その愚痴を聞いて「その通りだ」と思う人もいるでしょう。

しかし,それに甘えて愚痴ばかりになってしまうと「あの人は飲み会では愚痴しか言わない人」というレッテルを貼られてしまいます。

そんな人とお酒の席で近くにいたいと思うでしょうか。

愚痴は聞くものであり,話すものではないのです。 

 

説教

年を重ねる毎に気をつけたいのが人に説教してしまうことです。

お酒の席での説教は最悪です。

直接説教をされている本人の気持ちが落ち込むのはもちろん,聞いている周りも良い思いはしません。

また,お酒の席での説教は説得力がほとんどありません。

お酒が入っている相手に何を言われても納得できませんし,聞いている方にお酒が入っていたら言われていることを正しく理解できない可能性もあります。

つまり,お酒の席での説教は全くの無意味で,ただ空気を悪くしているだけなのです。

説教自体は悪いことではありません。

人を育てたいという思いから説教をするのでしょう。

しかし,説教をするのならばお酒の席以外ですればよいのです。

ちょっとした時に周りに伝わらないようにこっそり説教すればよいのです。

お酒の勢いでやる説教は説教ではありません。

ただのその人の仕事へのクレーマーなのです。

 

どんな事を話題に

ここまで書くと「じゃあどんなことを話題にしたらいいんだ!」という声が聞こえてきそうです。

飲み会で話題にすることは上記とは逆のことです。

「人の良いところ」や「仕事のやりがい」,「最近の楽しかった出来事」や「自分の失敗談」などを話題にすればよいのです。

聞いていて人の気持ちが明るくなり,楽しくなるようなことを話題にしましょう。

普段はなかなか言えないような失敗談などを話し,親近感をもってもらったり,距離を縮めたりしましょう。

人の良いところやすばらしいところを素直に伝えましょう。

そうすれば,お酒の席が終わった次の日も楽しい気持ちで過ごせることでしょう。

こういった話題を実際にお酒の席で話していると,何とかして人の悪口や仕事の愚痴を引き出して同じ側に引き込もうとする人がいます。

そんなときは軽く流せばよいのです。

間違ってもその話に乗ってはいけません。

乗ったら最後,あたかもその人とあなたは同じ考えなのだと言わんばかりに愚痴や悪口を言い始めることでしょう。

その人が言ったことは,あなたも言ったことなのだということになってしまいます。

そんなのはアホらしいことです。

 

おわりに

近年,若者の飲み会離れが激しいようです。

自分ひとりの時間を大切にしているとかお酒が飲めない若者が増えたとか理由は色々と言われています。

しかし,実際の理由はたった1つです。

楽しくないからなのです。

本当に楽しければひとりの時間より飲み会に参加するのです。

お酒が飲めなくてもソフトドリンクで参加するのです。

そうしないのは飲み会がつまらないからなのです。

それは当然です。

それは今回紹介したようなNGな話題を平気で話している人たちがいるからです。

若者の飲み会離れを解消する必要は別にありませんが,せっかくのお酒の席です。

誰もが楽しかったと思えるようにするためにも,話題には十分に気をつけてもらいたいと思います。