自分を変える。働き方を変える。

自分を変えるのも働き方を変えるのも,法則がわかればかんたんです。当ブログでは,様々な法則を紹介します。

プライドが高い原因は?本当のプライドとは

ãã¡ããããé¢è·ã ã¡ããããé¢è·ã ãï¼»ã¢ãã«ï¼Max_Ezakiï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

 

はじめに

みなさんはプライドが高い方ですか?

それとも低い方ですか?

プライドは低すぎてもいけませんが,多くの場合はプライドが高くても損をするだけです。

仕事においても,対人関係においてもプライドは邪魔になるのです。

今回はプライドが高いとどんな損をするのか,そして,本当のプライドとは何なのかを紹介します。

 

プライドが高い原因

そもそもプライドが高い原因はどこにあるのでしょうか?

プライドが高い人の多くは自分の仕事を厳選したり,何かちょっとしたことで腹を立てたり,イライラしたりしています。

それは他人によく思われたいという気持ちが強いからなのです。

仕事を選ぶことで「俺はこんなに偉いんだ」と周りにアピールし,人から何か言われたときには「どうして俺がお前にそんなことを言われなければならないんだ」と自分を相手よりも高めているのです。

自分がまだ未熟であり,これからまだまだ成長していくという意識があれば,プライドは高くなりません。

他人からよく思われたいという気持ちよりも自分を成長させたいという気持ちの方が上回るからです。

自分の中で,自分が完成しているからプライドが高くなってしまうのです。

 

プライドが高いと

では,プライドが高いとどんな損があるのでしょうか。

1つは仕事に取り組む姿勢に影響が出ることです。

「こんな仕事は俺がやるようなことじゃない」と考えてしまうと,その仕事への取り組み方が雑になってしまいます。

仕事を選り好みしている人は信頼されません。

結果的に本当にやりたい仕事からも遠ざかってしまうのです。

2つは感情的になりやすいことです。

プライドが高いと,ちょっとしたことでもメンツがつぶされたと感じ,憤りを覚えます。

多くの場合,怒りの感情は邪魔にしかなりません。

判断力を鈍らせ,正しい行動が取れなくなるのです。

平常時であれば問題なく対応できたことであっても,感情的になってしまって失敗したという経験は多くの人がもっているでしょう。

仕事においても対人関係においても感情的になることにメリットはほとんどないのです。

 

本当のプライドとは

「人によく見られたい」というのは表面的なプライドです。

本当のプライドとは「自分の達成したい目標に近づけるならば何でもやる覚悟」なのです。

本当にプライドが高い人は,自分がやりたいことのためならば平気で人に頭を下げることができます。

スポーツ選手でも,地味で目立たなく苦しい練習をひたすら繰り返すことができます。

しかし,変にプライドが高い人たちはそれができないのです。

「俺があいつに頭を下げるのはおかしい」と頑なに自分を守り,何も得られないのです。

「こんな練習今更必要ない」とやりたい練習にばかり取り組み,自分の力を伸ばせないのです。

本当のプライドは人を謙虚にさせ,地道にさせるのです。

もし,あなたが謙虚さを失ってきていたり,地道にコツコツやることが馬鹿らしく感じるようになってきたりしているのなら要注意です。

プライドを履き違えている可能性があります。

プライドとは自分を守るためにあるのではありません。

自分を成長させるためにあるものなのです。

 

終わりに

仕事の質においてのプライドは大切です。

「こんな仕事の出来じゃ自分のプライドが許さない」といった姿勢は仕事において必要なものです。

しかし,それ以外のプライドはほとんど必要ありません。

そもそもほとんどの人はあなたがプライドを傷つけられたとしても,気にも留めていません。

そのことによってあなたへの信頼感が下がることもありません。

下がるとしたら,プライドが傷つけられたと感じ,その後に取ったあなたの行動に問題があるのです。

もし,自分のプライドが傷つけられたと感じたらチャンスだと思いましょう。

その場面を冷静に対処できた時,周りの人たちからあなたへの信頼度は高まるはずです。

目的のためにはプライドは捨てましょう。

あなたが成し遂げたいことは,もっと大きなことのはずです。

 

今回参考にした本

 「頭に来てもアホとは戦うな!」田村 耕太郎 著