自分を変える。働き方を変える。

自分を変えるのも働き方を変えるのも,法則がわかればかんたんです。当ブログでは,様々な法則を紹介します。

仕事が楽しくなる!3つのポイントで視点を変える!

ããããã業åãæ¯ããæèç§æ¸ãããã業åãæ¯ããæèç§æ¸ãï¼»ã¢ãã«ï¼æ½æ¨èª ä¸é ãã¨ãããï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

 

はじめに

みなさんは日々の仕事を楽しめているでしょうか?

ここで言う楽しむとは,ただ面白おかしいとか,笑いがあるとかそういうことではありません。

充実感だったり,満足感だったり,そういったものを得られるような楽しさを見いだせているかということです。

仕事がただやらされているだけで,お金を稼ぐためだけだとしたらそれは苦痛となります。

そこで,今回は仕事が楽しくなる3つの改善ポイントを紹介します。

 

他人の評価を気にしない

仕事をしている上でついつい気にしてしまうのが周囲の評価です。

同僚からどう思われているのか。

上司や部下からどう思われているのか。

どうしても気になってしまうものです。

これは集団生活を送っていく上で当たり前のことです。

しかし,これをあまりに気にしすぎると仕事がつまらなくなってしまいます。

自分の本当に言いたいことややりたいことを我慢する癖ができてしまうからです。

「こんなことを言ったら上司に目を付けられるかもしれないから,やめておこう」とか「一人だけ出世して同期浮いたら嫌だから,やめておこう」とか,周囲の評価を気にして行動を制限してしまうのです。

自由の幅が無くなれば無くなる程,人はつまらないと感じます。

また,気にすることが多ければ多いほど面倒にも感じます。

周囲の評価を気にするということは,自分に制限をかけるということなのです。

また,周囲の評価を気にしていると,評価が上がるようなことは率先して行い,評価に関わらないようなことはやらないようになる可能性もあります。

そんな人に楽しいと思えるような仕事が降ってくるでしょうか。

そんな人が周囲から評価されるのでしょうか。

そんなわけがありません。

周囲の評価は気になるものです。しかし,仕事を楽しむためには,周囲の評価を気にせず,自分がやりたいことに集中することが大切なのです。

 

感情より知恵を出す

何か自分に仕事を与えられたとき「何で自分が」と思っていませんか?もしくは口に出していませんか?

その考え方は仕事をつまらなくしています。

「何で自分が」という感情の裏には「この私が」という自分を高めている感情と「その仕事はつまらない」という感情が秘められています。

どちらも仕事を楽しくするには不要な感情です。

仕事が与えられた時には,そういった感情よりも知恵を出すのです。

与えられた仕事がどうしたら楽しくなるのか,どうしたら自分の力を発揮できるのか,そういったことに焦点を当てるのです。

いちいち「何で自分が」と感情を出してくる人にその本人が望んでいる仕事を与える人はいません。

どんな仕事でも「どうしたら楽しくなるか」を考え,一生懸命取り組んでいる人に本人が元々希望していたような仕事が与えられるようになるのです。

 

与える人になる

「仕事がつまらない」「職場の雰囲気がよくない」などと不満を抱えていませんか?

そして,それらの要因には自分が含まれていることを自覚していますか?

「仕事」自体には面白いもつまらないもないのです。

同じ仕事でも面白いと感じる人もいれば,つまらないと感じる人もいます。

それを面白いと感じるかつまらないと感じるかはその人次第なのです。

職場の雰囲気とはその場にいる全員で作られるものです。

「仕事ができない奴ばっかりで」と愚痴をこぼしている人は自分も仕事ができていないのです。

「あいさつも全然ない」と文句を言っている人は,自分もあいさつができていないのです。

これらの思いは「楽しい仕事」や「雰囲気のよい職場」を与えてもらおうと考えているから生まれるものです。

そうではなく,自分が「楽しい仕事」や「雰囲気のよい職場」を作り上げようとすればよいのです。

どうやったら楽しく仕事をしてもらえるだろう?と考えたり,自分から積極的にあいさつをしたりコミュニケーションをとったりして雰囲気をよくしようと行動したりすることが大切なのです。

与える人にはさらに与えられ,奪われる人は奪われ続けるのです。

あなたは職場に楽しさを与える人になりますか?

それとも楽しさを奪われ続けますか?

それは自分で選択することができるのです。

 

終わりに

その仕事を始めたとき,ほとんどの人はその職に就きたくて始めたはずです。

エントリーシートやら履歴書やらを丁寧に書き,面接を受け,ようやく手にした仕事のはずなのです。

それなのに,そこで働くことが当たり前になってくると,だんだん仕事の楽しさや喜びを見失っていきます。

それでは過去の自分に申し訳がありません。

仕事の楽しさは与えられるものではありません。

自分で見出していくものです。

もし,今の仕事に楽しさを1つも見いだせないのであれば,転職したらよいのです。

世の中にはいくらでも仕事があります。

「そんなことはできない」というのであれば,今の仕事の楽しさをなんとか見出しましょう。

ちょっとでも早く仕事を終らせるように工夫するとか,今までよりもきれいに仕事をする方法を考えるとかちょっとしたことに取り組むだけでも違ってくると思います。

あなたが変われば職場が変わります。

職場が変われば地域が変わります。

地域が変われば・・・

あなたの変化が与える影響は大きいのです。

早速今日から変えてみてください。

 

今回参考にした本

「心の整理がうまくなる本」植西 聴 著

興味がある人は下の画像をクリック