自分を変える。働き方を変える。

自分を変えるのも働き方を変えるのも,法則がわかればかんたんです。当ブログでは,様々な法則を紹介します。

お金を引き寄せる!正しいお金の使い方!

ãæ­æãã³ï¼å½æ­ï¼æ­æãã³ï¼å½æ­ï¼ãã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

 

はじめに

無いよりはあったほうが絶対に良い物。

それがお金です。

大金持ちではなくとも幸せになることはできます。

しかし,最低限のお金がないと幸せになることはできません。

また,お金は一歩間違えると人を苦しめる道具にもなってしまいます。

お金が欲しい・・・お金がない・・・

お金のことばかり考えてしまうようになってしまうのです。

お金とは本来,人を苦しめるためにある物ではありません。

今回は,そんなお金を正しく引き寄せる方法について紹介します。

 

お金はツールである

お金を持つことに意味はありません。

お金を貯めることに意味はありません。

お金とはそれの代わりに何かを得ることができる物です。

当たり前のことですが,そのことを理解せずにただお金持ちになりたいと考えている人が多いように感じます。

あなたはお金持ちになって何がしたいのでしょうか。

では,そのためにはどのくらいのお金が必要なのでしょうか。

お金自体が欲しいのではなく,お金を使って何かを買いたい・体験したいということが願いのはずです。

自分が幸せになるために必要なのはお金自体ではなく,お金を通して得られるものなのです。

まずは自分がどうしてお金が欲しいのか考えてみましょう。

そして,それらの物を買ったり,それらの事を達成したりするにはどのくらいのお金がかかるのか確かめてみましょう。

今の自分が欲しいもの,したいことは何なのか。

そしてそれらにはどれくらいのお金がかかるのか。

自分に本当に必要なお金がいくらなのかを知ることがお金を引き寄せる第一歩です。

 

必要なものだけ買う

お金がある人ほど本当に自分に必要な物しか買いません。

余計な物,不要な物は買わないのです。

例えばコンビニに入っても,目的の物のコーナーに直行してそれを買って終わりです。

それに対して,お金の貯まらない人の多くはコンビニに入ると,特に用もないコーナーを回り,買う予定のなかった物までつい買ってしまうのです。

1つの商品自体は100円であっても,その行動を10回繰り返せば1000円分です。

安いからいいか。

ついでだからいいか。

これらの考え方はお金をどんどん遠ざける考え方です。

お金を引き寄せる人は,そのようなお金の使い方はしません。

本当に自分に必要なのかを吟味し,考えてお金を使っているのです。

値段や勢いで買い物はするのではなく,本当に必要な物を最小限に買う人の下にお金は集まるのです。

 

こだわるところはこだわる

お金はかけるべき物には多少値が張ったとしてもかけるべきです。

一番こだわらなければならないのは商売道具です。

野球選手ならバットやグローブ,プログラマーならパソコン,ユーチューバーならカメラやマイク,自分の仕事のために必要な物にはお金を惜しまないことです。

仕事はお金を最も手軽に引き寄せる手段です。

その道具をケチってお金を引き寄せようという考え方が甘いのです。

いざ仕事をするという時に道具のせいで上手くいかなかったらどうでしょうか。

結果的にケチった分よりも損をする可能性が大いにあります。

商売道具を安くすませることはお金を遠ざけることなのです。

商売道具にはしっかりお金をかけましょう。

すると,今までよりも間違いなくスムーズに仕事ができるようになります。

仕事が早くできれば,その分給料が上がるかもしれません。

空いた時間で副業をすることもできるかもしれません。

商売道具にこだわることはメリットしかないのです。

こだわるべきところにはしっかりとお金をかけましょう。

それがお金の引き寄せにつながります。

 

終わりに

お金は本来,人を幸せにするものです。

お金は使うことで価値が出るのです。

お金を貯めるために働いたり,お金持ちになるために節約したりするような,お金に使われる人になってはいけません。

正しくお金を使っている人には正しくお金が引き寄せられます。

逆にお金が遠ざかっていく人は,遠ざかっていくべくして遠ざかっているのです。

ぜひ,お金を正しく使い,お金に好かれる人になってください。 

 

 今回参考にした本

『成功する人だけが知っている本当の「引き寄せの法則」』 ワタナベ 薫 著

興味がある方は下の画像をクリックしてください。

Amazonで詳細を見ることができます。