自分を変える。働き方を変える。

自分を変えるのも働き方を変えるのも,法則がわかればかんたんです。当ブログでは,様々な法則を紹介します。

困った時に神様が味方する!生活改善の3ポイント!

ãç¥æ§ã宿ã森ï¼ç¦å²¡ç大åæ´ã®ç²æ¡ç¥ç¤¾åã®æ£®ï¼ç¥æ§ã宿ã森ï¼ç¦å²¡ç大åæ´ã®ç²æ¡ç¥ç¤¾åã®æ£®ï¼ãã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

 

はじめに

「困った時の神頼み」

ついつい自分ではどうしようもない場面に直面した時にしてしまうことです。

また,人生では多くの選択を迫られます。

その時にどちらを選ぶべきなのか,自分一人では決めきれない時もあります。

そんな時に神様がこっそり助けてくれる方法を今回は紹介します。

尚,ここでは便宜上「神様」としていますが,宗教的な意味合いは一切ありません。

ですので「神様」はそれぞれ好きな言葉に置き換えて読んでください。

「宇宙」でも「天使」でも何でも良いです。

自分が大切にしている何かにして考えてください。

 

「四方よし」で考える

神様から味方される人は常に「四方よし」の考え方に基づいて生活しています。

「四方よし」とは,相手も自分も世間にもよくて,神様から丸をもらえるような行動のことです。

難しく感じるかもしれませんが実は簡単なことです。

できるだけ笑顔でいるとか,周りの人を褒めるとかそういったことなのです。

自分がちょっと意識して行動するだけで簡単に変えられます。

他にも,落ちているゴミを拾うとか,トイレの汚れているところをきれいにするとか,ちょっとしたことで良いのです。

何か大きいことをしようと考える必要はありません。

自分にできる範囲のことで良いのです。

そういった徳をこつこつ積み重ねている人に神様は味方してくれるのです。

見ていていつも運がいいなと感じる人はそうした徳を積み重ねているのです。

 

「天国言葉」を使う

日本人と意思疎通をはかるのならば日本語,フランス人ならばフランス語と,それぞれに合った言葉を使うことが大切です。

神様が相手でも同じなのです。

神様に味方してもらうためには「天国言葉」を使う必要があるのです。

「天国言葉」とは,ありがとうとかツイてる,感謝します,など言っている本人も聞いている人達も幸せになるような言葉です。

「天国言葉」を積極的に使っている人は,神様がいざという時にそっとヒントをくれるようになります。

逆に「地獄言葉」ばかり使っている人は,せっかくの神様からのヒントを聞き逃してしまいます。

「地獄言葉」とは不平・不満だったり愚痴だったりです。

そういった言葉が日常で使う言語になってしまっていると神様が言っていることを理解できないようになってしまうのです。

日本人なら日本語,フランス人ならフランス語,神様なら「天国言葉」です。

いざという時だけでなく,普段から意識しておくことが大切です。

 

「磁力」を取り入れることのできる人になる

鉄に磁石をつけておくと,その鉄は磁気を帯びるようになります。

同じように,人も「うまくいっている人」や「幸せな人」と一緒にいるとその人の運気や魅力を取り入れることができるのです。

つまり,周りの「神様が味方してくれている人」と一緒にいるだけで神様が味方してくれるようになるのです。

ただし気をつけなくてはならないことがあります。

鉄は磁石の磁力を取り入れる性質があるから磁石になれるのです。

人も同じで相手の良いところを取り入れようとする気持ちがなくてはなりません。

ただ一緒にいればよいというわけではないのです。

自分を変えていこうという素直な気持ちも大切になってきます。

成長しようと常に前向きな人に神様は味方してくれるのです。

 

終わりに

当たり前のことを当たり前にする。

簡単なようで意外とできていないのではないでしょうか。

ぶすっとしているよりは笑顔のほうが良い。

人を貶すよりも人を褒めたほうが良い。

人に機嫌を取らせるよりも人に感謝されるほうが良い。

どれも当たり前のことです。

私達は生活を送る中で,その当たり前のことを忘れてしまう傾向があります。

街を歩くと疲れた顔で背中を丸くして歩いている人達がたくさんいます。

それでは神様は味方してくれないのです。

できるだけ笑顔で,できるだけ楽しく,そして「四方よし」の精神で生活していれば,必ず神様が味方してくれるのです。

 

今回参考にした本

柴村 恵美子 著「人生に悩んだとき 神様に応援してもらう方法」

興味がある方は画像をクリックしてください。

Amazonで詳細を見ることができます。