自分を変える。働き方を変える。

自分を変えるのも働き方を変えるのも,法則がわかればかんたんです。当ブログでは,様々な法則を紹介します。

スランプ脱出!ノート1冊で自分を変える方法

ãçªç¶ã®ããªã¼ãºã«è¡¨æãåºã¾ãç·æ§çªç¶ã®ããªã¼ãºã«è¡¨æãåºã¾ãç·æ§ãï¼»ã¢ãã«ï¼å¤§å·ç«å¼¥ï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

 

はじめに

なんだかうまくいかない。

なぜか失敗が続く。

思ったように進まない。

誰もがそんな調子が悪い時期,スランプに陥ることがあります。

スランプに陥ったとき,みなさんはどのように解決していますか?

時間が経ち,時が解決するのを待ちますか?

それとも,何かリフレッシュして気分を変えてみますか?

それでは,根本的な解決にはなりません。

何が原因で,どうしたら解決できたのかがわからないからです。

また同じようにスランプを繰り返すことになるでしょう。

実はノート1冊さえあれば,誰でも簡単にスランプを脱出することができるのです。

今日は,そのスランプ脱出法を紹介します。

 

スランプの原因を書き出す

まず,自分の調子が悪いと思われる原因を書き出します。

はっきりと「これだ!」というものがなくても大丈夫です。

原因と思われるものをとにかくたくさん書きます。

ひょっとしたら関係ないと思うようなことでも,ちょっとでも頭によぎったことは書き出しましょう。

書くことで,情報と情報がつながり,別な視点から新たな気付きが生まれる可能性もあります。

書き出すことで,自分のスランプの原因を特定するのです。

そして,書き出したものを見て,自分はどう修正したらよいのか,どんな能力を身に付けたらよいのか,徹底的に分析するのです。

問題なのはスランプ自体ではありません。スランプの理由がわからないことや,スランプの原因が特定できないことなのです。

書き出すことで自分を見つめ直し,スランプの原因を特定しましょう。

 

対応策を書く

スランプの原因を特定したら,今度はその対応策を書きます。

ここで大切なことは,原因を探ったときのように,とにかく考えられることを書き出すことです。

「〇〇の資格を取る」「コミュニケーション能力を高める」「新規契約を増やす」「筋トレをする」などどんなことでも構いません。

冷静に考えたり,後から見直したときにはスランプの原因と全く関係のないこともあるかもしれません。

しかし,「これはどうだろうか」と頭の中で考えていると新しい考えや発想はなかなか生み出されないのです。

どんどん書き出し,頭の中をクリアにすることで,閃きが生まれ,新たな視点から対応策を考えることができたりするのです。

もしかすると自分でも想像もしていなかった対応策が見つかるかもしれません。

対応策を見つけたら次のステップです。

 

新たな目標を書く

解決策を見つけたら,次に新たな目標を設定します。

この目標はできるだけ具体的なもののほうが良いです。

例えば,「新たな契約をたくさん取る」よりも「新たな契約を5件取る」とるの方が良いですし,「人脈を広げる」よりも「週に3回は知らない人と会食をする」の方が良いです。

そして,目標はできるだけ数字を入れて設定しましょう。

その方が自分自身で達成具合を把握することができます。

達成具合が把握できれば,自分がしっかりと前進できていることが実感できます。

また,目標の設定はできるだけ細かくしましょう。

「売上100万円を達成する」よりも,そのために何が必要かを考えるのです。

新たな顧客が必要なのか,それとも今の顧客にもっと多く買ってもらえるようにするのか,方法はいろいろ考えられます。

「新しい顧客を5件増やす」「既存の顧客売上を10%増やす」など絞った目標を設定しましょう。

目標は細かく設定した方が達成感を得やすく,次に進むやる気が起こりやすくなります。 

 

おわりに

ノートに書き出すことはとても有効な手段です。

形として残すことで,後から見直すこともできます。

同じようにスランプに陥ったときに,「あの時はこうやって乗り越えたのか」と確認でき,「このスランプも乗り越えることができるはずだ」という自分の推進力にもなってくれます。

スランプは誰でも経験するものです。

何事も上手くいくこともあれば,少し停滞する時期もあります。

仕事ができる人はその停滞している時間が短く,スランプを感じさせていないだけなのです。

調子が悪いなと思ったときは,じっとしているのではなく,すぐに行動しましょう。

そして,闇雲に行動するのではなく,自分をしっかりと分析し,どう動くべきなのかを考えましょう。

そうすればスランプも自分をさらに成長させてくれるきっかけとなるはずです。