自分を変える。働き方を変える。

自分を変えるのも働き方を変えるのも,法則がわかればかんたんです。当ブログでは,様々な法則を紹介します。

新時代到来!3つの肩書でAIに負けない人材に!

ãã¢ãã¿ã¼ã«è¡¨ç¤ºããã1ã¨0ã¢ãã¿ã¼ã«è¡¨ç¤ºããã1ã¨0ãã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

 

 

はじめに

 

「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で,これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。

たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は,これから世界中に行き渡ります。そうなれば,タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。

これはほんの一例で,機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。私は,米国労働省のデータに基づいて,702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。

その結果,今後10~20年程度で,米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至ったのです。」

 英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授は今後10年から20年で人間の仕事は半減すると予測しています。

つまり,必要とされる人材も半分になるということです。

では,必要とされる人材になるためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

AIに取って代わられている現状

周りを見渡せば,既にAIに仕事を奪われている(多少語弊がありますが)場所がいくつもあります。

例えば,駐車場。

一昔前までは,そこを管理する人がいて,料金の支払いもその従業員が行っていました。

しかし,今では全自動となり,機会が1つ置いてあるだけです。

スーパーのレジもそうです。

今までは店員が一つ一つバーコードを読み取り,お金を受け取り,精算していました。

しかし,セルフレジの登場により,店員の姿はなくなりました。

これらのことからわかるのは世の中が便利になっているということではありません。

その分の雇用が減っているということなのです。

今まではそこに必要とされていた人が必要ではなくなってきているのです。

 

今後も増え続けていく機械

今後も私達の周りに機械が増え続けることは,ほぼほぼ間違いないありません。

 EY総合研究所はAI関連産業の市場規模(AIを活用した機器、システム等の国内さまざまな産業分野での市場規模)について、2015年の3.7兆円から2030年に約87兆円に成長すると予想。中でもオンデマンド・モビリティや自動運転トラック輸送など運輸業関連市場が急速に立ち上がり、30兆円超になる予想する。

 AIに侵食されていく世界で必要とされる人材になるには2パターンしかありません。

1つはAIを作成したり,AIを操作したりする人になることです。

AI関連産業の規模が大きくなるということは,それだけAIに強い人材が求められるということでもあります。

また,全てのAIが完全に自動操作,自動修復できるわけではありません。

そこで,AIを管理する人も必要となってきます。

もう1つは人間にしかできないことを仕事とすることです。

しかし,そんな仕事を誰にでもできるのでしょうか。

実は誰にでもAIに負けない仕事をできる人になる方法があるのです。

 

3つのことを極める

1つのことでAIと勝負するから勝てないのです。

AIは同じことの繰り返しや同じ内容の分析には滅法強い。

ところが,インプットされていない内容や予想外の出来事には非常に弱い側面もあります。

つまり,1つの専門家としてはAIはとても優れていますが,何か複数の専門家としては未熟なのです。

逆を言えば,人間はそういったところを目指していけばよいのです。

複数の分野で専門家になればよいのです。

1つのことに1万時間取り組めば誰でも「100人に1人」の人材になれるそうです。

これは十分にその分野の専門家と呼べるでしょう。

ここで満足せずに,他分野でも1万時間取り組むのです。

そうすれば,「100人に1人」×「100人に1人」で「1万人に1人」の人材になれます。

さらにもう1つの分野に取り組めば「100万人に1人」の人材になれるのです。

このレベルまでくれば,さすがにAIに代わることはできません。

つまり,今後の社会で必要とされる人になるためには,3つの分野の専門家であること,3つの肩書が最低条件となるのです。

更に言えば,その3つの分野の組み合わせが独特であればあるほど,AIには対抗できない人になれます。

 

終わりに

みなさんには肩書が3つ以上ありますか?

もし,3つ以上ないのであれば少し考えた方がよいかもしれません。

1万時間というのは1日6時間やったとして5年かかります。

つまり,今から肩書を新しく作ろうとしたら5年かかってしまうのです。

迷っている時間はありません。

何か始めたいことがあるのなら今すぐ始めましょう。

それが5年後,10年後のあなたを助ける可能性があるのです。

 

今回参考にした本はこちら