自分を変える。働き方を変える。

自分を変えるのも働き方を変えるのも,法則がわかればかんたんです。当ブログでは,様々な法則を紹介します。

強運の法則!強運になるために大切な3つのこと

 

 

はじめに

「強運」とは何でしょうか。

これはただの運とは違います。

ビットコインで一儲けできた。とか

株が上がって儲かった。とか

競馬で万馬券を当てた。とか

そういったことでは,ありません。

それは,本当にただの運,ラッキーです。

「強運」とは運が良い状態がずっと続くことです。

では,その「強運」を手に入れるために大切なことは何なのでしょうか。

 

強運の定理

「強運」には定理があります。

それは,「何かをするときに,どうしたら人が喜んでくれるかを考えること」です。

仕事で資料を作るのならば,その資料を見る人がどうしたら喜んでくれるのかを考えるのです。

契約を取ってくるのならば,どうしたら契約先の人が喜んでくれるのかを考えるのです。

そして,いつでも,どこでも,誰にでも「天国言葉」を使うことが大切です。

「天国言葉」とは,「ツイてる」「嬉しい」「楽しい」など,人に言っても聞いていても楽しくなる言葉のことです。

これを,誰かといる時だけ使っていたり,ある場所でだけ使っていたりしていては駄目なのです。

誰に対しても,どんな場面でも同じように行動することが大切なのです。

 

加速の法則

「強運」を手に入れるにはちょっと上のことに一生懸命取り組むことです。

例えば,セールスマンがいきなり「日本一の売り上げ」を目指しても駄目なのです。

まずは「部内で一番の売り上げ」を目指すのです。

それができたら今度は「社内で一番の売り上げ」を目指すのです。

志をもつことがとても立派なことですし,大切なことです。

しかし,あまりに大きすぎる目標は夢でしかありません。

その目標を達成するために,今の自分ができることを全力で取り組むこと。

そして,その全力で取り組むことは今の自分をちょっと上に引き上げてくれるものであること。それが大切です。

ひとつひとつ,そうやって上に上がっていると,そのうち上がるペースがどんどん早くなっていきます。

階段で言うと1段1段上っていたはずが,2段飛ばし,3段飛ばしと一気に駆け上がっていけるようになるのです。

これが「加速の法則」です。

正しい努力を続けていると,その成果は加速度的に大きなものになっていくのです。

この「加速の法則」が働かないときは,努力の方向性が間違っている可能性が高いです。

もう一度自分の目指すちょっと上が正しいものなのか確かめるべきです。

また,「正しい努力」とは楽しいものです。

ただただ楽をしましょうということではありません。

例えば「野球がうまくなりたい」と思ったらたくさん練習をしなければなりません。

たくさん練習するのだから身体はつらいかもしれません。

でも,それは「野球がうまくなりたい」という気もちがあれば,楽しい努力です。

「サッカーがうまくなりたくない」という人が野球のきつい練習をしたら,ただのつらいことになります。

仕事も同じです。

もし,努力がつらいと感じたのならば,あなたの目指す先と行動が一致していないのかもしれません。

 

笑顔の法則

当ブログでも笑顔の大切さについては以前に紹介しています。

www.housoku-manabi.com

悲しい顔をしている人に明るい人や明るい話は集まりません。

いつも笑顔でいる人に明るい人や明るい話が集まるのです。

笑顔が先で出来事は後です。

楽しいから笑顔になるのではありません。

笑顔でいるから楽しいことが起きるのです。

まずは自分が笑顔でいること。

そして,周りの人を笑顔にできるようにすること。

そういった小さな努力を積み重ねることが「強運」を手に入れることにつながっていくのです。

 

おわりに

「運」と聞くと何かを偶然手に入れることができるように感じるかもしれません。

でも「運」が良いと言われる多くの人は,その「運」をものにするために小さな努力をこつこつ積み重ねているものです。

松下電器を一代で超有名企業にした松下幸之助さんは身体は弱く,学歴はなく,お金もありませんでした。

きっとほとんどの人は「なんて自分は運がないんだ」と思うような境遇です。

ところが松下さんは,その3つのことが自分を成功させてくれた理由だとしています。

それに気付けることが「強運」なのです。

もしかすると,みなさんも自分が「不運」だと思っているようなことも見方を変えれば「強運」になるかもしれません。

 

 

今回参考にした本はこちら↓↓