自分を変える。働き方を変える。

自分を変えるのも働き方を変えるのも,法則がわかればかんたんです。当ブログでは,様々な法則を紹介します。

仕事ができる人は◯◯を大切にする

å¯ã¦ããã®ç·æ§ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç¡ç ï¼

はじめに

みなさんは十分に睡眠時間を確保できていますか?

ほとんどの人がもっと睡眠時間を確保したい。

もっと,朝ゆっくり寝ていたい。

と思っているのではないでしょうか。

しかし,それこそが他の人と差をつける大切なポイントなのです。

仕事ができる人は睡眠を大切にしているのです。

 

睡眠不足がもたらすもの

効率の低下

よく子どもの時に「徹夜で勉強した」という声を聞いたのではないでしょうか。また,自分自身で眠い目をこすりながら勉強に取り組んだという人もいるかもしれません。

もしかすると,現在進行形で仕事を徹夜でやっているという人もいるでしょうか。

ほとんどの場合,この徹夜で何かに取り組むというのは無駄なことです。(何かの緊急事態の場合は当然例外です。)

というのも集中力を保つことが難しいからです。眠気と戦いながら作業に取り組んでいる時点で,脳の力を2分していることになります。記憶する力も素早く作業する力も考える力も全て半減です。

これは徹夜に限らず,日中でも同様のことが言えます。睡眠不足によって,眠気と戦っている時間。これは,仕事の効率を恐ろしく低下させているのです。

体調不良

睡眠不足は身体の調子も狂わせます。朝起きたときに睡眠不足だと身体がなんとなくだるいような気がしないでしょうか。免疫力の低下,身体のパフォーマンスの低下によって,怪我や病気になってしまったら,当然仕事の効率は悪くなります

 

睡眠のポイント

睡眠時間の目安は?

では一体どれくらい睡眠時間を確保したらよいのでしょうか。

実は適切な睡眠時間は人それぞれなのです。

5時間で十分という人もいれば,9時間寝ても足りないという人もいます。

様々な本で睡眠時間の目安が出ていますが,どれもばらばらです。

結局のところ,自分が睡眠不足だと感じないような時間を見つけて,その分だけしっかり寝ることが大切だと思います。

睡眠不足にならないために

睡眠不足にならないポイントは,「寝る時間を決める」もしくは「起床時刻」を決めることです。このどちらかの方法を使い続ければ,自分に合った睡眠時間を見つけることができ,睡眠不足に苦しむことがなくなります。

寝る時間を決める

毎日5時間は睡眠時間を確保すると決めた場合です。22時に寝たら3時に起きる,24時に寝たら5時に起きる,と就寝時刻に合わせて起床時刻をずらします。起きなければならない時刻に合わせて,寝る時刻を調整したり,寝た時刻に合わせて起きる時刻を調整したりします。

起床時刻を決める

毎日6時に決めるとした場合,何時に寝たとしてもその時間に起きるという方法です。21時に寝たとしても6時に起きる。3時に寝たとしても6時に起きる。と起床時刻を固定します。体調に合わせていつもより少し長めに寝たり,毎朝同じリズムで行動できるという利点があります。しかし,仕事やプライベートで寝る時刻が遅くなってしまった場合は多少つらい面もあります。

 

朝の時間を有効に使える

睡眠をしっかりとることができれば,朝すっきり起きることができます。

すると,朝の時間を有効に使うことができます。

ウォーキングやランニングをして身体を動かしてもよし。

瞑想や一日の予定を確認して心を落ち着かせてもよし。

一日のスタートに差をつけることができます。

 

おわりに

睡眠不足に陥らないためには,同じリズムで生活することが大切です。それはつまり先述した「同じ時間寝る」ことか「起床時刻」を決めることです

はじめのうちは身体が慣れないこともあると思います。そんなときはうまく空き時間を見つけて15分程度の仮眠をとるとよいです。すると頭がすっきりします。

習慣にするには60日程度かかると言われています。どちらの方法にしても習慣にするまでは大変かもしれませんが。しかし,睡眠時間を大切にできるようになれば,仕事も私生活もハッピーになるのは間違いありません。ぜひお試しください。

 

 今回参考にした本はこちら↓↓

 ぜひご一読ください。