自分を変える。働き方を変える。

自分を変えるのも働き方を変えるのも,法則がわかればかんたんです。当ブログでは,様々な法則を紹介します。

夢とは○○○○ものである。

ãå·¥ä½ãã女ã®å­å·¥ä½ãã女ã®å­ãï¼»ã¢ãã«ï¼ããããï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

 

はじめに

みなさん,夢を語っていますか。

夢はどんどん語りましょう。

夢を語るのには何もいりません。

夢を語るのはタダです。

夢を語っても誰も損をしません。

ところが,あまり夢を大きな声で語っている人はいないような気がします。

なぜなのでしょうか。

今回は夢を語ることの大切さについて紹介します。

 

何を思われるかの恐怖

おそらく,夢を語った時に馬鹿にされることを考えている人が多いのではないでしょうか。

何を言ってるんだ。

そんなの無理に決まっている。

夢を見てるんじゃない。

そんなことを言われるのが嫌だから夢を語らないのではないでしょうか。

たしかに自分の夢を笑われるというのは心地よいものではないかもしれません。

しかし,夢は笑われていいものなのです。

むしろ笑われるからこそ夢なのです。

 

できて当たり前のことを夢と言うでしょうか。

簡単には叶いそうにないこと,簡単にはできそうにないこと,誰でもできるわけではないこと。

そういったことを人は夢と言うのです。

人に夢を語ると,できて当たり前のことは「そんなの夢じゃない」と笑われます。

その人にとって無理なことを言うと「そんなのはできない」と笑われます。

ですから夢は笑われて当たり前なのです。

笑われることを恐れずにどんどん語りましょう。

 

夢を語ることで

語ることでその夢に近づいていくのです。

語ることでその夢が叶っていくのです。

人は楽な方へと流れていくものです。

どれだけ「夢を叶えよう!」と強く思っていても,その思いは時間が経つと薄くなっていきます。

だからこそ語る必要があるのです。

夢を語れば,その夢への思いが強くなります。

語ることで,その夢への思いを持ち続けることができるのです。

また,周りに公言することで自分へのプレッシャーにもなります。

言ってしまった以上はそれに見合うだけの行動をしようとするはずです。

夢を誰にも知られていないということは,それだけサボっていてもばれないということなのです。

さらに,もしかすると協力者が出てくることもあります。

「それだったら自分が手伝えるよ」とか「今度やってみるかい?」という人が出てくるかもしれないのです。

相手がそういった夢をもっているということを知らなければ周りは当然どうすることもできないものです。

 

「小市民はいつも挑戦者を笑う」

「小市民はいつも挑戦者を笑う」

これはメジャーリーグで大成功を収めた野茂英雄選手の言葉だそうです。

あの野茂選手ですら,メジャーリーグに挑戦したときは多くの人が無理だと言ったのです。

笑ったのです。

しかし,結果はどうだったでしょうか。

みなさんがご存知の通りです。 

何にも挑戦しない人は挑戦する人を笑うのです。

そうすることで,何もしない自分を正当化しているのです。

夢をもっていない人は夢を語る人を笑うのです。

そうすることで,変わろうとしない自分を正当化しているのです。

 

できないことを可能にするからこそ

人は「空を飛びたい」という夢をもちました。

初めその夢を聞いた人は大笑いしたことでしょう。

「そんなことできるわけない」と馬鹿にしたことでしょう。

それで諦めていたのなら今も人は飛行機で空を飛ぶことはなかったのです。

人は「遠くにいる人と話したい」という夢をもちました。

その夢を叶えるために「電話」が生まれたのです。

人はもっと早く遠くの人とコミュニケーションを取りたいという夢をもちました。

その夢を叶えるために「メール」が生まれたのです。

どれも始めは無理だと笑われた夢でしょう。

しかし,今ではどれも当たり前のことになっています。

できないことを可能にしようと頑張ることこそが夢なのです。

 

終わりに

夢を語りましょう。

そして,笑われましょう。

夢とは笑われるものなのです。

大切なのは自分です。

自分がその夢が叶うことを信じ,行動し続ければその夢は必ず叶うのです。

 

今回参考にした動画

「人生が変わる!超一流の成功法則」鴨頭 嘉仁

 

自分の価値観を大きく変えてくれた動画です。

この動画を見ると他の動画も見てみたくなります。

無料でやる気があふれてくる動画を多く公開してくれていますので,ぜひ御覧ください。