自分を変える。働き方を変える。

自分を変えるのも働き方を変えるのも,法則がわかればかんたんです。当ブログでは,様々な法則を紹介します。

鏡の前で○○をつくると幸せになれる

ããããã¼ï¼ç¬é¡ãæé«ã®å­ä¾ãããã¼ï¼ç¬é¡ãæé«ã®å­ä¾ãã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

 

はじめに

なりたい自分をイメージして行動すること。

これはとても大切なことです。

営業でトップの成績を出す!

店の売り上げを5%伸ばす!

テストで1位を取る!

そういった自分の姿をイメージし,そのためにはどうしたらよいのかを考え,行動に移していくことがなりたい自分に近づくための一歩です。

 

極端に

そういったイメージをするときは,極端なほうがわかりやすいです。

例えば,「日本一の〇〇ならこの場面でどう行動するだろうか」と考えるのです。

日本一の営業マンならどうするだろう・・・

日本一の店長ならどうするだろう・・・

日本一の学生ならどうするだろう・・・

そうして出したそのイメージ通りに自分が行動すれば,確実に目標に近づくことができます。

これを利用して,簡単に幸せになる方法があるのです。

 

鏡を使って

簡単に幸せになる方法,それは「鏡の前で笑顔をつくる」というものです。

先述したように,人は自分がこうなりたいというイメージをもち,行動していくとそのイメージに近づいていくものなのです。

ですから,毎日笑顔で幸せに暮らしたいと考えて,実際に毎日鏡の前で笑顔をつくっていると,心がだんだん変化していくのです。

こんなに毎日笑顔で生活しているのだから幸せなはずだ。

不幸せな人が毎日笑顔でいられるわけがない。

心も脳もそのように考え始めるのです。

私がおすすめするのは朝顔を洗うときに笑顔をつくることです。

そして「私は幸せです」とか「わたしは〇〇になります」とか,なりたい自分をイメージした言葉を3回言います。

顔は毎朝洗うものですから,笑顔をつくることを習慣として簡単に取り入れることができます。

また,決めた言葉を3回言うことも,自分に毎日言い聞かせることで自分自身を良い意味で勘違いさせることができます。

 

行動が先,感情が後

「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。」

これは,アメリカを代表する哲学者ウィリアムス・ジェームズの言葉です。

実際にやってみるとよくわかります。

思いっきり笑ってみてください。

特に何かおもしろいことを考えるわけでもなく,無理矢理笑うのです。 

すると不思議なもので,なんだか本当におもしろくなってきます。

それくらい行動に移すということは心に影響を与えるものなのです。

逆に言えば,毎日つまらなそうな顔をしていたり,ふてくされたような顔をしていると,そういった気持ちになっていくということです。

 

終わりに

まずは簡単に変えることができる表情から変えていきましょう。

できるだけ笑顔ですごしましょう。

そのために,まずは毎朝鏡の前で笑顔をつくりましょう。

それが,なりたい自分に近づくための第一歩です。

 

 

今回,参考にした本はこちら


ぜひ,ご一読ください。